スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一刀斎

2012.02.25 11:27|剣道
いっとうさい
「おぬし、手の内が悪い」

おいらのことか!

「右の握りは鍔寄せでよい、

じゃが、左手は握るのではない。

柄頭を拳でくるむように、

それも鶏卵を握るほどの力で、ほっこりと持て。

孫指は外す。

薬指、中指、人差指の三指にて軽く握る。

やってみい。」

この文章でドキッとし読み出した本。


全く本も読まなく、雑誌ばかり。

近所の図書館から

いろいろ借りてくるが、期限には返すことを繰り返していた。

そこで剣の話なら読むだろうと

伊藤一刀斎に書かれたやつか?

と思わせる本を借りてきました。

でも予想は全くはずれ

 冒頭この発言をしたのは

年老いた新撰組副長助勤であった斎藤一でした。

居合いの達人

 内容は実際大正時代まで生き残った斎藤が

若者に幕末、新撰組時代頃の話を酒を飲みながら

毎夜語り聞かせるものです。

(因みに題名は斎トウ一を反対から読んで一刀斎という仕掛けでした)

さすが浅田次郎氏は

一度ページをめくらせたら

読者を離しません。

日本人ならみんな大好きな

坂本龍馬先生を なんと!暗殺するところからはじまり

(暗いスタートですが)

壬生義士伝ですっかりお気に入りの

吉村貫一郎や

燃えよ剣でお気に入りの

土方歳三などが

わんさか出てきて面白いです。

しかし、

手の内と書いてあると食いついちゃうんだな@


ところで話を戻しますが

左手の握りは人によって様々書いてあり、

興味ありあり。

でも実際、人にあまりお聞きしたことがありません。

どのように握っているのでしょうね?


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
人気ブログランキングへ
09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ミョウセイ

Author:ミョウセイ
剣道・釣り・スキー・空の写真がすきです。毎日を楽しめれば人生楽しいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。